TradingViewのサインを
自動売買化するサービス

メールdeオーダーwith TradingView

高機能チャートツールのサインを
自動売買する

従来のTradingViewでは買い時だと思っても、実際の注文は別のツールやWebサイトを使わなければ売買を行うことができませんでした。またTradingViewという高機能ツールを使って的確に売買ポイントがわかりながら、チャンスを逃してしまう機会損失がありました。このような課題を解決するため当社の既存サービスであるメールdeオーダーでTradingViewに対応しました。

メールdeオーダーを使うことにより、日本株(現物株・信用)や日経225先物を自動で証券会社に注文が出せるようになります!

「メールdeオーダーwith TradingView」でできること

  1. 1.TradingViewのアラートを自動注文のトリガーにできる

    証券会社とのAPI接続には歴史のあるオートマチックトレードの開発によるメールdeオーダーは、複雑な手続きやプログラムは不要です。
    TradingViewのアラートにサービス指定の文字列を設定することで、だれでも簡単に自動売買化することができます。

  2. 2.証券会社(日本)に自動注文ができる

    メールdeオーダーは、各投資に対応(または対応予定)です。TradingViewのシグナルを受け自動売買が可能になります。

    ※下記、表は横スクロールできます。

    株式 先物 FX 暗号資産
    auカブコム証券 auカブコム証券
    岡三オンライン証券
    SBI証券
    対応予定 対応予定
  3. 3.タイミングを逃さず売買可能

    従来では、TradingViewという高機能ツールを使い的確に売買ポイントがわかりながら、常にチャートをチェックできずチャンスを逃したということがありましたが、このメールdeオーダーを利用すれば、機会損失が一気に解消されます。

    常に監視する必要もなく、TradingViewのシグナルを受けてメールdeオーダーが自動的に売買を行ってくれるので安心です。

今すぐ、メールdeオーダーモニターに申し込む

ご利用の流れ

  1. 1 TradingViewのご利用開始

    TradingViewのご利用を開始しチャートを表示して売買シグナルを出します。

  2. 2 メールdeオーダーのお申し込み

    メールdeオーダーのご利用開始の申し込みを行います。

  3. 3 アラートメールの設定(TradingView)

    アラートメールはTradingViewの標準機能を使います。
    メールdeオーダーと連動させるためにメッセージをメールdeオーダー指定の文字列にしておきます。

  4. 4 webhookの利用

    メールより格段に使い勝手のいいwebhookの利用をお薦めします。

    メッセージに指定する文字列はメールと同じです。

    複数の戦略を同時に走らすことができる他、アラートの発生からメールdeオーダーからの注文が完了するまでの時間は1秒未満です。

  5. 5 証券口座の設定

    メールdeオーダーログイン後の「口座情報」で設定を行います。

  6.       

    より詳しい利用方法はこちら

サービス利用料金

株式(現物・信用)

制限
(保有できる総量)
50万円まで 300万円まで 550万円まで 800万円まで 1,000万円まで 1,000万円以降
月額料金 880円 3,300円 5,500円 8,800円 11,000円 1,000万円毎に
11,000円

日経225先物

同時
保有数
ミニ1枚あたり ミニ10枚以上
ラージ1枚以上
月額料金 3,300円 33,000円

デモ取引のみの利用

制限 なし
月額料金 株式、日経225先物に関わらず
550円

※価格は税込です

今すぐ、メールdeオーダーモニターに申し込む

Pineスクリプト作成サービス

TradingViewはさまざまなことが行える高機能チャートソフトですが、細かいことを行おうとするとPineスクリプトを書く必要が有ります。 チャートを見てどこで取引すればいいのかはわかるけど、プログラムはできないという投資家の方が大半だと思います。そのようなかたに実現したい夢を叶えるメニューをご提供させていただきます。

Pineスクリプト作成メニュー